ウィル・リーと日本ツアーです!

タイトル通り、僕のニューアルバム"BRAND NEW WAY TO GO"
発売記念日本ツアー、 ベースにウィル・リーが参加してくれます。
ウィルと日本ツアーは僕の夢の1つでもありましたし、
本当に夢の様な話です。最高としか言葉が浮かびません。
グルーブ、テクニック、キャリア、誰もが認める世界一の
ベースプレーヤーの1人です。そのウィルが参加してくれるのですから。

ツアーの詳細です。

会場 : 帯広 MEGA STONE
日時 : 2010年11月27日 土曜日
開場:6:30PM 開演 : 7:00PM
住所 : 〒080-0806 帯広市東6条南5丁目 メガセンター内
TEL : 0155-26-7325
E-Mail:moptops@netbeet.ne.jp
料金 : 前売6500円  当日は500円増し
前売りチケットは2010年8月3日(火)より、
メガセンター内mopTops店頭にて販売。
(ローソンチケットは10月中に販売予定、詳細は追ってお知らせ致します)


会場 : 札幌 BESSIE HALL
日時 : 2010年11月28日 日曜日
開場:6:30PM 開演 : 7:00PM
住所 : 〒064_0804 札幌市中央区南4条西6丁目 晴ればれビルB1F
TEL : 011-221-6076
URL : http://bessiehall.jp/
料金 : 前売6500円  当日は500円増し
(ローソンチケットは10月中に販売予定、詳細は追ってお知らせ致します)
ーーーーーーーー
ベッシーホールではチケット予約、手配は行いません。
札幌公演のチケット予約、手配は札幌公演責任者代理、
小野までご連絡を。
shujiono.as@gmail.com


会場 : モーションブルー横浜
日時 : 2010年11月30日 火曜日
開場:5:30PM 
1st set : 7:00PM ~ 8:00PM
2nd set : 9:00PM ~ 10:00PM
料金 : 1 show 2800円、all shows (1st & 2nd 通し) 4800円
会場へのアクセス、予約方法等はモーションブルーのWebsiteをご覧下さい。
モーションブルー横浜ウェブサイト
一般予約開始日:2010/7/31(土)


メンバー:

新井田孝則 (Drums)
ウィル・リー (Bass)
トモ藤田 (Guitar)
養父貴 (Guitar)


僕、ウィル、トモさんのB Funk Trioに、今回はプラス日本から
僕のバークリーでの同期、そして現在は渡辺貞夫さんのバックで
ギターを弾いている養父貴も参加してくれます。
実はこの6月に貴がニューヨークへ来た時、ウィルにバッチリ
紹介済みなんです。実に良い流れですね。


あと、モーションブルー横浜、平日特別料金です。
ウィルが入ってこの料金、なかなかないと思います。
たくさんの方に観に来て頂けると嬉しいです。

ウィルの北海道上陸。帯広は今回初、札幌は84年に渡辺貞夫さんと、
90年代初頭にハイラム・ブロック・バンドでの来札以来ではないでしょうか。
ニトリホール(旧厚生年金会館)とZEPPでの公演だったと思いますが、
今回の僕の帯広&札幌公演は、比較的タイトな空間の中でニューヨークの
ビターエンドと同じ感覚で、間近でガン見出来るスタイルです。
北海道でこんな観れるチャンス、二度とないかもしれませんよ。
あえてこれを僕の生まれ故郷、北海道でしたかったというのも実はありますが。
たくさんの方に観に来て頂けると嬉しいです。


映像をここで1つ。
僕のB Funk Tiro、トモさんとウィルとのニューヨークライブ映像から。
[広告] VPS



皆さん、ツアーまでまだ4ヶ月程ありますが、
是非是非時間作って観に来て下さい。

WE will ROCK!!
ウィルからのメールの一文にあった、
ウィルの僕のツアーへの意気込みの言葉です。
凄いはじけますよ、きっと。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

新井田孝則

Author:新井田孝則
ニューヨークをベースに活動するドラマーです。レコーディングに参加したTSOのアルバムが100万枚以上の売り上げを達成し日本人ドラマー初のRIAA、全米レコード協会ゴールド&プラチナディスク受賞ドラマーにもなりました。自身のアルバムではメジャーレーベルから、ウィル・リー、オズ・ノイ、ジェームス・ジーナス、ヤネック・グウィズダラ、トモ藤田等が参加したLife in the Big City、Brand New Way To Goを2006年、2010年にリリ−ス。2007年から定期的に行なう日本ツアーではオズ・ノイのプロモーションツアーに同行し来日したのを皮切りに、代表的なところでは2008年にはトモ藤田、ヤネック・グウィズダラとNew York Power Trioを結成し、日本全国5都市を回る自己のバンドでの初の日本ツアーを。2010年にはウィル・リー、トモ藤田、養父貴と共にBRAND NEW WAY TO GO発売記念日本ツアーを。2012年にも同メンバーと日本ツアーを行ない、Zepp札幌公演、モーションブルー横浜公演(Youtube動画有り)を含めた全公演を大盛況の内に終える事が出来ました。また後進の指導にも力を入れておりニューヨークの自身のスタジオで、日本への一時帰国時各地でのレッスンも常時行なっています(ブログ内スケジュール参照)。また日本、世界中どこに住んでいても受講可能なドラム通信レッスンも行っています。

ライブ、ツアー、レコーディング、レッスン等のお問い合わせは下記のアドレスまでご連絡下さい。

music@takanoriniida.com

現在お気に入りの僕自身が叩いている動画を4つご紹介。クリックして是非ご覧下さい。

2012年のウィル、トモさん、貴との日本ツアーからの映像です。
Just Funky / Live at the Motion Blue Yokohama 11/30/2012 Takanori Niida (d), Will Lee (b), Tomo Fujita (g) Takashi Yofu (g)
https://www.youtube.com/watch?v=GBKjwzW6waE

Live at the Bitter End in NYC / The Takanori Niida Quartet feat. Will Lee (b), Oz Noy (g), Tomo Fujita (g)
http://www.youtube.com/watch?v=m_omgkkD6Mg

iPhone6sで試し撮りしたニューヨークの自分のスタジオでのドラムソロ最新映像(2016年5月3日公開)です。レコーディング帰りでシンバルも全部セットしてません。。笑。是非ご覧下さい。Takanori Niida (新井田孝則) Drum Solos Vol.2
https://www.youtube.com/watch?v=JmM_aIt5YjA

ニューヨークの僕のスタジオでのBPM160 / 32分音符のシングルストロークロールを含んだソロから始まり、ウィル&トモさん&貴との僕のバンドのライブからのソロ(この一番上のリンク動画からです)、Fire Attack、そして2015年10~11月に行った今堀君のレコ発ツアーから最新ソロを交えた、トータル8つからなるドラムソロ動画特集が出来上がりました。是非ご覧下さい。Takanori Niida (新井田孝則) Drum Solos Vol.1
https://www.youtube.com/watch?v=lnFfygz2q4I

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR