New Albumリリース情報

ニューアルバム発売に合わせて、Blogを始める事にしました。

mixiでは今までも音楽の事、日常の事をいつも面白可笑しく
書いていましたが、これからはこちらでも書いて行きますので
皆さん、どうぞよろしくお願い致します。

さて、第一回目は、ニューアルバム情報です。

ニューアルバム、2010年10月20日に
BounDEE Jazz Libraryから発売されます。

参加メンバ-は、

新井田孝則 (Drums)
Will Lee (Bass)
Oz Noy (Guitar)
Jon Herington (Guitar)
James Genus (Bass)
Tomo Fujita (Guitar)
Janek Gwizdala (Bass)

今までにレコーディング、ツアー、ライブを一緒に
行ってきた息の合った、そして素晴らしいメンバーばかりです。

レーベルからの発売ですので、
基本的にほぼ全てのオンラインストアー、CD販売店で購入可能です。
まだ発売まで3ヶ月ちょっとありますが、楽しみに待っていて下さい。

アルバム後半には、2年前に自主制作アルバムとして発売した
Live at the Mega Stone in Obhiroから、とっておきの2曲も
収録しています。新たな音源も含めて、盛りだくさんの内容です。



さて、話はさかのぼりますが、この2月に3日に分けて行われた
レコーディングの模様を、写真中心で少しご紹介したいと思います。

まずは僕のスタジオでの最終リハーサル風景から。
IMG_0311.jpg
IMG_0260.jpg
IMG_0328.jpg


レコーディング1日目 with ウィル・リー&トモ藤田

まずはお決まりのドラムと共に2連発。
ここのスタジオ、Mission Sound Recordingの部屋の
鳴りともバッチリの相性でした。
IMG_0338.jpg
IMG_0345.jpg


ご機嫌なトモさん。
IMG_0355.jpg

1曲目の録りを終え超ゴキゲンなウィル。
IMG_0383.jpg
IMG_0377.jpg

全てを終えて深夜過ぎのショット。ちょっとお疲れモード。
凄いファンキーな音源、録れましたよ。
IMG_0388.jpg


レコーディング2日目 with ジョン・ヘリントン&ジェームス・ジーナス

ジョン・ヘリントン
IMG_0434.jpg

ジェームス・ジーナスと。
IMG_0452.jpg

James Genus (b), Takanori Niida (d), Jon Herington (g)
今まで聴いた事のないジョンワールドが炸裂ですよ。
IMG_0455a.jpg


レコーディング3日目 with ウィル・リー&オズ・ノイ

オズ・ノイです。
IMG_0514.jpg

1曲目を終えてスーパー上機嫌なウィルと。
IMG_0510.jpg

僕の、ドラムの位置から撮ったウィル。ピンボケていますけど、
舌出していますね。
IMG_0527.jpg

さて、今日もウィルはあのハンバーガーがたべたいと。
なのでまたまたDuMontバーガーをデリバーして皆で食べました。
写真撮るよって言ったらウィルがちょっと待って!
何かやってくれるなって思ったら、今回は目にピクスル作戦でした。
IMG_0526.jpg

Oz Noy (g), Takanori Niida (g), Will Lee (b)
IMG_0534.jpg

こんな感じで、3日間とも非常に良い感じでレコーディング出来ました。
メンバーも発売を心待ちにしてくれています。
発売まで、もう少しお待ち下さい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Great!

楽しそうだね~~~~~v-237
先週、大学の先生と社会人で飲んだときに、
先生のひとりがニューヨーク出身ということがわかり、TA☆KA さんを紹介していたところ。
看護師であり、神父であり教師でもある56歳のオジさんだけど歌や踊りが大好きで、ノリがいい!
11月には連れて行きたいな。
プロフィール

新井田孝則

Author:新井田孝則
ニューヨークをベースに活動するドラマーです。レコーディングに参加したTSOのアルバムが100万枚以上の売り上げを達成し日本人ドラマー初のRIAA、全米レコード協会ゴールド&プラチナディスク受賞ドラマーにもなりました。自身のアルバムではメジャーレーベルから、ウィル・リー、オズ・ノイ、ジェームス・ジーナス、ヤネック・グウィズダラ、トモ藤田等が参加したLife in the Big City、Brand New Way To Goを2006年、2010年にリリ−ス。2007年から定期的に行なう日本ツアーではオズ・ノイのプロモーションツアーに同行し来日したのを皮切りに、代表的なところでは2008年にはトモ藤田、ヤネック・グウィズダラとNew York Power Trioを結成し、日本全国5都市を回る自己のバンドでの初の日本ツアーを。2010年にはウィル・リー、トモ藤田、養父貴と共にBRAND NEW WAY TO GO発売記念日本ツアーを。2012年にも同メンバーと日本ツアーを行ない、Zepp札幌公演、モーションブルー横浜公演(Youtube動画有り)を含めた全公演を大盛況の内に終える事が出来ました。また後進の指導にも力を入れておりニューヨークの自身のスタジオで、日本への一時帰国時各地でのレッスンも常時行なっています(ブログ内スケジュール参照)。また日本、世界中どこに住んでいても受講可能なドラム通信レッスンも行っています。

ライブ、ツアー、レコーディング、レッスン等のお問い合わせは下記のアドレスまでご連絡下さい。

music@takanoriniida.com

現在お気に入りの僕自身が叩いている動画を4つご紹介。クリックして是非ご覧下さい。

2012年のウィル、トモさん、貴との日本ツアーからの映像です。
Just Funky / Live at the Motion Blue Yokohama 11/30/2012 Takanori Niida (d), Will Lee (b), Tomo Fujita (g) Takashi Yofu (g)
https://www.youtube.com/watch?v=GBKjwzW6waE

Live at the Bitter End in NYC / The Takanori Niida Quartet feat. Will Lee (b), Oz Noy (g), Tomo Fujita (g)
http://www.youtube.com/watch?v=m_omgkkD6Mg

iPhone6sで試し撮りしたニューヨークの自分のスタジオでのドラムソロ最新映像(2016年5月3日公開)です。レコーディング帰りでシンバルも全部セットしてません。。笑。是非ご覧下さい。Takanori Niida (新井田孝則) Drum Solos Vol.2
https://www.youtube.com/watch?v=JmM_aIt5YjA

ニューヨークの僕のスタジオでのBPM160 / 32分音符のシングルストロークロールを含んだソロから始まり、ウィル&トモさん&貴との僕のバンドのライブからのソロ(この一番上のリンク動画からです)、Fire Attack、そして2015年10~11月に行った今堀君のレコ発ツアーから最新ソロを交えた、トータル8つからなるドラムソロ動画特集が出来上がりました。是非ご覧下さい。Takanori Niida (新井田孝則) Drum Solos Vol.1
https://www.youtube.com/watch?v=lnFfygz2q4I

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR