Premier Guitarのウィルリーとネイザンイーストのインタビューで

oztomomewill.jpg

ちょっと懐かしいオズ・ノイ、トモ藤田さん、ウィル・リーとの写真を
載せましたが、これには訳があります。実はニューヨークでよく一緒に
仕事するベーシストから連絡があり初めて僕も知った次第なのですが(笑)、
アメリカの音楽雑誌、Premier Guitarの中でウィルリーとネイザンイーストの
インタビューの中で(2ページ目)、ウィルを紹介する意味合いの動画に、
僕の動画が選ばれて紹介されています。数あるウィルの動画の中から
僕のが選ばれたのは、これはかなり嬉しいですね!!
このライブはPCIプゼンンツで2011年4月、ビターエンドで
僕、ウィル、オズ、そしてトモ藤田さんと行ったライブです。
是非下のリンクをクリックしてご覧下さい。
ファンキーカルテットと紹介されています!!
ウィル自身からもタカの動画がチョイスされたよ!!Pretty Cool!って
メールがありました!!
http://www.premierguitar.com/articles/20423-will-lee-nathan-east-bass-brothers?page=2



もう3つほど話題を。その1。
3月10日辺りまで札幌、札幌近郊でレッスンしてますので
受講希望の方は直接僕にご連絡下さい。
アドレスは
music@takanoriniida.com
です。ドラムレッスン、グルーヴレッスン(僕がドラムでアンサンブルレッスンの
様な感じです)共に何名で同時に受講しても時間に対しての料金は変わりませんので、
グループでの参加ももちろんOKです。




その2。
写真のシンバルは2008年から日本で使用していた14インチの
ジルジャンKカスタムファストクラッシュです。
よく演奏中に反り返ったシンバルと言えば分かる方も(笑)。
非常にレスポンスの良いお気に入りのシンバルでしたが、残念ながら
先日21日の江別ターンアラウンドでのライブ&ジャムでクラックが
1センチ弱入っているのが分かったので現役を引退し(笑)、
ターンアラウンドにこれから飾ってもらう事にしました!!
本当にたくさんのライブ&ツアーで使用し、特に2008年のトモさん、
ヤネックとのNYPT日本ツアーを皮切りに、2010年、2012年の
ウィル、トモさん、貴との日本ツアー全公演でも使用した思い出深い
シンバルです。江別ターンアラウンドへ行く際には是非ご覧になってみて下さい!!
ちなみに、現時点ではまだけっこう良い音します(笑)。
k14a.jpg

k14b.jpg


このクラッシュを使っている代表的な動画を4つほど。
2012年からはやっぱりこれですね。どの動画もそうですが、
ベードラの上、タムとタムの間にマウントしてるシンバルです。
https://www.youtube.com/watch?v=GBKjwzW6waE



2010年はこれで。2012年日本ツアーのPVとしても使用した映像です。
http://www.youtube.com/watch?v=fctl1bn6aJQ



2008年のNYPTツアーからこれ。BRAND NEW WAY TO GO、8曲目の音源です。
http://www.youtube.com/watch?v=NOc1gJElmjg



反り返った瞬間をとらえた映像が1つだけあります。
去年、2013年の北海道ツアーから。1:04辺りに反り返っています。
https://www.youtube.com/watch?v=I4TeSbsq3yI



その3。美味しい物特集!!(笑)。
地元二十四軒で出会ってしまったルーカレーの超名店、カレー屋bon。
現在札幌のルーカレーでは僕の中では一番に来ました!!
帯広のインデアン、名古屋の東洋軒、そしてこの札幌のbonが
現時点での僕にとってのルーカレーでの3強です!!w
この日はダイエット中につき十八穀米をチョイス(笑)。
何故か今回の一時帰国では、ルーカレーにハマっています!!(笑)。
http://tabelog.com/hokkaido/A0102/A010204/1039264/
bon.jpg



と言う事で、焼鳥古里さんでめったに出会えることが出来ない
その日のスペシャルカレーに先日出会うことが出来ました(笑)。なので迷わず〆に注文!!
軽くセロリの漬物、おから、切り干し大根、豚串を頂いた後の〆の
お豆ととりひき肉のミニトマトカレーです!!
furusatocurry.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

新井田孝則

Author:新井田孝則
ニューヨークをベースに活動するドラマーです。レコーディングに参加したTSOのアルバムが100万枚以上の売り上げを達成し日本人ドラマー初のRIAA、全米レコード協会ゴールド&プラチナディスク受賞ドラマーにもなりました。自身のアルバムではメジャーレーベルから、ウィル・リー、オズ・ノイ、ジェームス・ジーナス、ヤネック・グウィズダラ、トモ藤田等が参加したLife in the Big City、Brand New Way To Goを2006年、2010年にリリ−ス。2007年から定期的に行なう日本ツアーではオズ・ノイのプロモーションツアーに同行し来日したのを皮切りに、代表的なところでは2008年にはトモ藤田、ヤネック・グウィズダラとNew York Power Trioを結成し、日本全国5都市を回る自己のバンドでの初の日本ツアーを。2010年にはウィル・リー、トモ藤田、養父貴と共にBRAND NEW WAY TO GO発売記念日本ツアーを。2012年にも同メンバーと日本ツアーを行ない、Zepp札幌公演、モーションブルー横浜公演(Youtube動画有り)を含めた全公演を大盛況の内に終える事が出来ました。また後進の指導にも力を入れておりニューヨークの自身のスタジオで、日本への一時帰国時各地でのレッスンも常時行なっています(ブログ内スケジュール参照)。また日本、世界中どこに住んでいても受講可能なドラム通信レッスンも行っています。

ライブ、ツアー、レコーディング、レッスン等のお問い合わせは下記のアドレスまでご連絡下さい。

music@takanoriniida.com

現在お気に入りの僕自身が叩いている動画を4つご紹介。クリックして是非ご覧下さい。

2012年のウィル、トモさん、貴との日本ツアーからの映像です。
Just Funky / Live at the Motion Blue Yokohama 11/30/2012 Takanori Niida (d), Will Lee (b), Tomo Fujita (g) Takashi Yofu (g)
https://www.youtube.com/watch?v=GBKjwzW6waE

Live at the Bitter End in NYC / The Takanori Niida Quartet feat. Will Lee (b), Oz Noy (g), Tomo Fujita (g)
http://www.youtube.com/watch?v=m_omgkkD6Mg

iPhone6sで試し撮りしたニューヨークの自分のスタジオでのドラムソロ最新映像(2016年5月3日公開)です。レコーディング帰りでシンバルも全部セットしてません。。笑。是非ご覧下さい。Takanori Niida (新井田孝則) Drum Solos Vol.2
https://www.youtube.com/watch?v=JmM_aIt5YjA

ニューヨークの僕のスタジオでのBPM160 / 32分音符のシングルストロークロールを含んだソロから始まり、ウィル&トモさん&貴との僕のバンドのライブからのソロ(この一番上のリンク動画からです)、Fire Attack、そして2015年10~11月に行った今堀君のレコ発ツアーから最新ソロを交えた、トータル8つからなるドラムソロ動画特集が出来上がりました。是非ご覧下さい。Takanori Niida (新井田孝則) Drum Solos Vol.1
https://www.youtube.com/watch?v=lnFfygz2q4I

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR