今回の一時帰国の予定、全て無事終了!!

今回は前回の続き、東京から僕の実家のある
札幌に戻ってからを書きますね。
東京から戻って直ぐ、北海道芸術高等学校
札幌キャンパスでセミナーでした。
この日は在校生、入学に興味を持つ
中学生対象のセミナーでした。
その模様がこちらの北芸札幌キャンパスの
ブログでご覧になれますので是非ご覧ください。

http://www.hokugei.jp/campus/sapporo/blog/2014/10/post-282.php

あと今回の一時帰国で一番最初の仕事だった
北海道芸術高等学校名古屋キャンパスの
セミナーの模様も北芸名古屋キャンパスの
ブログでご覧になれます。こちらも是非。

http://www.hokugei.jp/campus/nagoya/blog/2014/09/

さて、話を戻しまして、北芸札幌キャンパスの
セミナー後、強行軍のスケジュールから来たものかは
分かりませんが、若干体調を崩して大人しくしていました。
本当に珍しいのですが(笑)、数日間殆ど食欲も無く、
不幸中の幸いと言っていいのかどうか(笑)、2.5キロの
ダイエットに成功しました!!
で、未だにベスト体重より若干ですが下にいます!!(笑)。
まあもともと東京から戻って5日間位はセミナーと
レッスン以外は休息日にあてていたのでちょうど良かったです。

で、体調が戻ってから札幌国際短編映画際のプロデューサー、
久保俊哉さんに会ったりと、楽しい時間を過ごしておりました!!
実は久保さん、ドラムも叩くのであります!!
音楽話は、尽きないですね!!(笑)。
wkubosan.jpg



そしてこの一時帰国後半のメインイベント、
The Sapporo Young Lions feat. Takanori Niida from New York。
札幌、小樽、江別の3公演、無事に全て
最高に楽しく終える事が出来ました!!
はっきり言って札幌のこの若手3人衆、
(鳴海賢治、碓井佑治、越智俊介)
非常に良いです!!
もし動画を撮っていれば幾つかは僕から載せても
良いかなって思える位ですから。
もちろんこれからもっともっと経験を積んで
良さに磨きをかけていかなければなりませんが、
(それは僕も同じ事です)
音楽を演奏する上で一番大切な心地良さを
表現するという部分をちゃんと押さえているんです。
だから一緒に演奏して共感出来るし楽しい!!
僕の一時帰国の際にはまたやりますので
是非観にいらして下さい!!

それでは今回の3公演の模様を僕の専属カメラマン、
楢崎豊さん撮影の写真で紹介して行こうと思います!!

まずは札幌Live Surr公演から。
とその前にサウンドチェック後僕にとっては約30年ぶりの
やきそば屋で楢崎さんとライブ前の燃料補給!!(笑)。
懐かしい味でした!!(笑)。
yakisobaya.jpg


Live Surr、広さもこのウッディーな感じ、音の反響もニューヨークの
55 BARを彷彿させるものがあります。札幌には貴重な箱です!!
surr102514a.jpg


碓井君、いつも顔で弾いてくれます!!(笑)。
surr102514b.jpg



2日目、小樽CRU-Z公演から。
とその前に楢崎さんとライブ前の燃料補給。
O.tone72号で大きく載りましたが、
ここの味確認へ行きましたが、まさかの
臨時休業。。そこで月見軒本店へ。
今回ラーメンは、この取材の味確認と
月見軒の2回しか行っていません!!(笑)。
otone2014.jpg

tsukimihonten.jpg



で、越智君、碓井君にとっては地元凱旋ライブ。
僕にとっては初の小樽でのライブでした!!
越智君、碓井君のご両親、ご家族、友達も
たくさん観にきて頂いて、アットホームで
超盛り上がったライブだったと思います。
cruzb.jpg

cruza.jpg

cruzc.jpg

cruze.jpg

cruzd.jpg

cruzg.jpg

cruzf.jpg

cruzh.jpg

cruzi.jpg

cruzj.jpg



そして3日目ラスト、江別ターンアラウンド公演。
平日、尚かつその日はシーズン初の寒気が入り込んできて
雪もちらつく悪天候の中でのライブでしたが、
それでもたくさんの方々に足を運んで頂き
激アツのライブにする事が出来たと思います。
turn28a.jpg

turn28b.jpg

turn28c.jpg

turn28d.jpg

turn28e.jpg

何故かカメラ目線、、(笑)。
turn28g.jpg

(笑)
turn28f.jpg

102914blog.jpg



と、今回の一時帰国はこんな感じでした!!
意外とまた直ぐ日本へ行きますので、
スケジュールが出たらここに載せますので
また各地で皆さんにお会い出来ればと思います。
皆さん、有り難うございました!!
スポンサーサイト
プロフィール

新井田孝則

Author:新井田孝則
ニューヨークをベースに活動するドラマーです。レコーディングに参加したTSOのアルバムが100万枚以上の売り上げを達成し日本人ドラマー初のRIAA、全米レコード協会ゴールド&プラチナディスク受賞ドラマーにもなりました。自身のアルバムではメジャーレーベルから、ウィル・リー、オズ・ノイ、ジェームス・ジーナス、ヤネック・グウィズダラ、トモ藤田等が参加したLife in the Big City、Brand New Way To Goを2006年、2010年にリリ−ス。2007年から定期的に行なう日本ツアーではオズ・ノイのプロモーションツアーに同行し来日したのを皮切りに、代表的なところでは2008年にはトモ藤田、ヤネック・グウィズダラとNew York Power Trioを結成し、日本全国5都市を回る自己のバンドでの初の日本ツアーを。2010年にはウィル・リー、トモ藤田、養父貴と共にBRAND NEW WAY TO GO発売記念日本ツアーを。2012年にも同メンバーと日本ツアーを行ない、Zepp札幌公演、モーションブルー横浜公演(Youtube動画有り)を含めた全公演を大盛況の内に終える事が出来ました。また後進の指導にも力を入れておりニューヨークの自身のスタジオで、日本への一時帰国時各地でのレッスンも常時行なっています(ブログ内スケジュール参照)。また日本、世界中どこに住んでいても受講可能なドラム通信レッスンも行っています。

ライブ、ツアー、レコーディング、レッスン等のお問い合わせは下記のアドレスまでご連絡下さい。

music@takanoriniida.com

現在お気に入りの僕自身が叩いている動画を4つご紹介。クリックして是非ご覧下さい。

2012年のウィル、トモさん、貴との日本ツアーからの映像です。
Just Funky / Live at the Motion Blue Yokohama 11/30/2012 Takanori Niida (d), Will Lee (b), Tomo Fujita (g) Takashi Yofu (g)
https://www.youtube.com/watch?v=GBKjwzW6waE

Live at the Bitter End in NYC / The Takanori Niida Quartet feat. Will Lee (b), Oz Noy (g), Tomo Fujita (g)
http://www.youtube.com/watch?v=m_omgkkD6Mg

iPhone6sで試し撮りしたニューヨークの自分のスタジオでのドラムソロ最新映像(2016年5月3日公開)です。レコーディング帰りでシンバルも全部セットしてません。。笑。是非ご覧下さい。Takanori Niida (新井田孝則) Drum Solos Vol.2
https://www.youtube.com/watch?v=JmM_aIt5YjA

ニューヨークの僕のスタジオでのBPM160 / 32分音符のシングルストロークロールを含んだソロから始まり、ウィル&トモさん&貴との僕のバンドのライブからのソロ(この一番上のリンク動画からです)、Fire Attack、そして2015年10~11月に行った今堀君のレコ発ツアーから最新ソロを交えた、トータル8つからなるドラムソロ動画特集が出来上がりました。是非ご覧下さい。Takanori Niida (新井田孝則) Drum Solos Vol.1
https://www.youtube.com/watch?v=lnFfygz2q4I

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR