10月中旬~11月上旬まで再び日本です

今月9日にニューヨークへ戻って来ています。
現在、葬式太り、一時帰国太り、こちらに戻ってきてからの
時差ボケ太りのトリプリパンチと格闘中です(笑)。
兄貴とも話していましたが、葬式は太りますね、確実に。
あと僕の場合今回日本に居る時は、なるべく母親と晩ご飯を
食べる様にしていましたが、その後夜な夜な出かけて
2回目の晩ご飯や飲み会が連続したというのもありましたので(笑)。

改めまして皆さん、今回は本当に有り難うございました。
多くの方々にご心配して頂きました。ご存知の方も多いと思いますが
意外と大丈夫というか(自分では今回は1枚も写真は撮りませんでしたが、
多数のmixi日記、ボイスに登場、また美味しい物も
実はたくさん頂いていました。)、意外と通常通りです。
たとえ姿、形は見えなくても、僕は魂は存在すると思っていますので。
僕が飛行機に乗ってニューヨークへ戻っている間に、
鳥君がいつもと違う方向を向いて見えない誰かに鳴きまくっていたそうです。
本当かどうかは定かではありませんがカミさんと、僕が着く前に
せっかちな父親が先に来てしまったのかなって笑いながら話しています。

ただこちらに戻って来てから、たまに親父から掛かってきた
電話はもうないんだな~、とか思ったりもしますが。


さて、ここから本題です。
四十九日、納骨、それらに関連する行事のために
10月中旬から2週間ちょっとですが、再び一時帰国します。
こんな短い間隔で一時帰国するの、初めてです。

で、前回はスティックも含めて音楽に関するものは
一切何も持って来ませんでしたが、今回は出来るだけ可能な日は
何かしようと思っています。

ドラムレッスンも受け付けます。
受講希望の方は、僕の通常のアドレス、music@takanoriniida.com
に直接僕にご連絡下さい。レッスンは主に札幌でという事になりますが、
ある程度の人数が集まれば、北海道の中だったら別の土地へも行けるかもしれません。
受講者によってレッスン内容はもちろん変わりますが、初回のレッスンは
代わる代わる叩きながら主に僕自身による基礎、テクニック、重要な事の
デモ演奏、レクチャーになる事が多いです。
2回目、3回目と受講して下さる方はその方の演奏をもとにその方の基礎、
テクニック、グルーヴ感、良さを伸ばして行くレッスンになります。

一時帰国まで約1ヶ月しかありませんので難しいかもしれませんが
ライブ等のブッキングも調整可能だったら受け付けます。
ツアーでの一時帰国の場合は、色々な制約で別件ライブが出来なかったり、
それが出来る場合でも、メインライブの集客の分散を考えると
なかなか実現出来ない場合が多いのですが、今回はそんなのが一切ありません。
一時帰国までの期間が少ないので難しいかもしれませんが、興味のある方は
是非ご連絡下さい。調整可能だったらぜひ引き受けますので!!

札幌で活躍するサックス奏者、蛇池雅人とグルーヴセミナーを
開く可能性もあります。こちらは決まったら追ってお知らせ致します。
スポンサーサイト
プロフィール

新井田孝則

Author:新井田孝則
ニューヨークをベースに活動するドラマーです。レコーディングに参加したTSOのアルバムが100万枚以上の売り上げを達成し日本人ドラマー初のRIAA、全米レコード協会ゴールド&プラチナディスク受賞ドラマーにもなりました。自身のアルバムではメジャーレーベルから、ウィル・リー、オズ・ノイ、ジェームス・ジーナス、ヤネック・グウィズダラ、トモ藤田等が参加したLife in the Big City、Brand New Way To Goを2006年、2010年にリリ−ス。2007年から定期的に行なう日本ツアーではオズ・ノイのプロモーションツアーに同行し来日したのを皮切りに、代表的なところでは2008年にはトモ藤田、ヤネック・グウィズダラとNew York Power Trioを結成し、日本全国5都市を回る自己のバンドでの初の日本ツアーを。2010年にはウィル・リー、トモ藤田、養父貴と共にBRAND NEW WAY TO GO発売記念日本ツアーを。2012年にも同メンバーと日本ツアーを行ない、Zepp札幌公演、モーションブルー横浜公演(Youtube動画有り)を含めた全公演を大盛況の内に終える事が出来ました。また後進の指導にも力を入れておりニューヨークの自身のスタジオで、日本への一時帰国時各地でのレッスンも常時行なっています(ブログ内スケジュール参照)。また日本、世界中どこに住んでいても受講可能なドラム通信レッスンも行っています。

ライブ、ツアー、レコーディング、レッスン等のお問い合わせは下記のアドレスまでご連絡下さい。

music@takanoriniida.com

現在お気に入りの僕自身が叩いている動画を4つご紹介。クリックして是非ご覧下さい。

2012年のウィル、トモさん、貴との日本ツアーからの映像です。
Just Funky / Live at the Motion Blue Yokohama 11/30/2012 Takanori Niida (d), Will Lee (b), Tomo Fujita (g) Takashi Yofu (g)
https://www.youtube.com/watch?v=GBKjwzW6waE

Live at the Bitter End in NYC / The Takanori Niida Quartet feat. Will Lee (b), Oz Noy (g), Tomo Fujita (g)
http://www.youtube.com/watch?v=m_omgkkD6Mg

iPhone6sで試し撮りしたニューヨークの自分のスタジオでのドラムソロ最新映像(2016年5月3日公開)です。レコーディング帰りでシンバルも全部セットしてません。。笑。是非ご覧下さい。Takanori Niida (新井田孝則) Drum Solos Vol.2
https://www.youtube.com/watch?v=JmM_aIt5YjA

ニューヨークの僕のスタジオでのBPM160 / 32分音符のシングルストロークロールを含んだソロから始まり、ウィル&トモさん&貴との僕のバンドのライブからのソロ(この一番上のリンク動画からです)、Fire Attack、そして2015年10~11月に行った今堀君のレコ発ツアーから最新ソロを交えた、トータル8つからなるドラムソロ動画特集が出来上がりました。是非ご覧下さい。Takanori Niida (新井田孝則) Drum Solos Vol.1
https://www.youtube.com/watch?v=lnFfygz2q4I

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR