ニューヨークへ戻りました!!

ニューヨークへ戻りました!!
ニューヨークヘ戻るといつも汚ったない街だな~っ
て思うのですが(笑)、その辺も全部含めてしっくりくると言うか、
空気感が合うというか、やっぱりこの街も帰ってきたな~っていう
第二の故郷なんだと思います(笑)。で、ニューヨークへ戻って直ぐに
マキさんに髪切ってもらいました!!今回はこんな感じです!!
31414maki.jpg


切ってもらう直前のショットも、、(笑)。
31414makib.jpg

今のところ時差ボケも全くなく、月曜日から
レッスン等通常業務再開です!!(笑)。


さて、お知らせを1つ!!
僕の専属カメラマン、楢崎豊さんが何人かと合同で札幌で
写真展を行います!!会場、時間等の詳細は下に載せておきますので、
お時間のある方は是非足を運んでみて下さい!!
楢崎さんの写真からは音、グルーヴ感がストレートに感じ取れます。
これは僕にとっても初めての経験でした。構図、光と影の使い方等、
技術的な事はもちろんの事、被写体からその場その時にしかない
一瞬の臨場感溢れる最高のものを撮る事に専念する。
音楽と、まさに同じなんです。個展では僕の写真の他に
下のワンチャンの写真等もあります。実はこの写真、
ワンちゃんが亡くなる数週間前に撮った飼い主さんとの奇跡のショットなんです。
是非足を運んでみて下さい。

グリーム・グルーヴ
Gleam groove
第一回『希望の光』展


2014年
3月16日(日)〜3月23日(日)
品品法邑ギャラリー


住所) 札幌市東区本町1条2丁目1-10
時間) 11:00~18:00
休館日) 火曜日

narasakikoten.jpg

koten2.jpg
スポンサーサイト

今回の一時帰国、全行程終了!!

3月8日の江別ターンアラウンドでのN.Trio ライブ、
そして翌9日同じくターンアラウンドでのドラムセミナーを
もって今回の一時帰国の日程、全て終了しました!!
今回の一時帰国は大阪から始まりましたが
各地での公演、セミナー、レッスンも含めて
全て無事に終える事が出来ました。
皆さん、本当に有り難うございました!!

次の一時帰国の日程は、もう直ぐ発表出来る形に
なると思います。お楽しみに!!
既に次の次も煮詰めている最中です!!

写真は3月8&9日のターンアラウンドから!!
Photos by 楢崎豊
n3814.jpg

n3814c.jpg

n3814b.jpg

3914a.jpg

3914b.jpg

3914c.jpg

3914d.jpg

3914e.jpg



前回のブログから空いた間に食べたものは、、
たくさんあり過ぎて危なすぎるので、
あえて載せません、、、(笑)。
でもやっぱり数枚だけ、、(笑)。

相棒オンシューと行った屯田の味確認ラーメンさんで!!
mikakuninauto.jpg


久々にやってしまった朝2時の〆のラーメン@天鳳すすきのラーメン横丁
IMG_0655.jpg


ターンアラウンドは、僕の場合こきりんとセットです、、(笑)。
ankakegomoku.jpg



ここからA級も(笑)。オノシュー夫妻と行ったはせ川さん!!
hasekawa.jpg


9日セミナーが終わったあとにターンアラウンド横の僕のお気に入りでもある
小石で総打ち上げ!! あぶら蟹の天ぷら!!
koishi1.jpg


刺身盛り合わせ!!
koishi2.jpg


まぐろ&帆立丼!!
koishi3.jpg


悪魔のグルーヴカメラマンと世界のスミヘン、、(笑)。
koishi4.jpg

ウィル、トモさん、貴との日本ツアーもう間もなく!!全公演詳細

刻々と日本ツアーまで近づいて来てますね。
皆さん、是非お近くの会場へ見にいらして下さい!!
11月29日(木)Zepp札幌、11月30日(金)モーションブルー横浜、
12月1日(土)京都都雅都雅(とがとが)です。
札幌、京都に限ってはウィルを生で見れるまたとないチャンスです!!
ウィルにとって京都公演は初。札幌は83年に貞夫さんと(これ、僕年金で見てましたw)、
91年頃にゼップでハイラムバンドで。そして2010年に今回と同じメンバーで
レコ発でベッシーホールで。そして今回4度目の来札です!!
ウィル、また踊って飛び跳ねて、そして歌ってくれますよ!!
下の写真、2年前の札幌公演アンコールでSFOホーンズが参加してくれて
ウィルが飛び跳ねている決定的瞬間ですね(笑)。
willtobi.jpg


もう一度、詳細、チケット購入情報等載せますのでご覧下さい。

また、僕らのサウンド、どんな感じだろうと思っている方々にはこちらを!!
ツアーPVです。2年前の同メンバーによる札幌公演の映像がメインですが、
最初に僕のアルバム、BRAND NEW WAY TO GOからの音源、最後に
2年前の横浜公演からの音源も聴ける様になっています。
是非チェックしてみて下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=fctl1bn6aJQ



2012年11月29日 (木) 札幌公演
会場/Zepp札幌

flier_NiidaBand_s.jpg
All photos on the flyer by Sandrine Lee


flier_NiidaBand_bs.jpg
Takanori Niida's photo by Kyoko Yamashita
Will Lee and Tomo Fujita's photos by Sandrine Lee

Takanori Niida Band
New York Super Groove Jazz Session 2012


メンバー:
新井田孝則 (Drums)
ウィル・リー (Bass)
トモ藤田 (Guitar)
養父貴 (Guitar)

日時/2012年11月29日(木)
OEPN 19:00 START 19:30

会場/Zepp Sapporo
札幌市中央区南9条西4丁目

料金/6,000円
(全席指定・税込) ◎ドリンク別途

{チケット取り扱い}
ローソンチケット (Lコード/12158)
チケットぴあ  (Pコード/175-923)
道新プレイガイド 011-241-3871
大丸プレイガイド{南1西3} 011-221-3900

主催/FMノースウェーブ
後援/札幌西高等学校創立100周年記念事業協賛会
協力/(株)大竹杉材店

{問} TEL.011-707-9999 (FMノースウェーブ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2012年11月30日 (金) 横浜公演
会場/モーションブルー横浜

2012yokohamass.jpg
Flyer designed by Chieko Imahori
Takanori Niida's photo by Kyoko Yamashita
Will Lee and live photos by Sandrine Lee

THE TAKANORI NIIDA QUARTET feat.
Will Lee, Tomo Fujita, and Takashi Yofu
JAPAN TOUR 2012


メンバー:
新井田孝則 (Drums)
ウィル・リー (Bass)
トモ藤田 (Guitar)
養父貴 (Guitar)

ゲスト出演:鈴木健治 (Guitar)

日時/2012年11月30日(金)
OEPN 17:30
1st Set : 19:00~20:00
2nd Set : 21:00~22:00 (入替なし)

会場/モーションブルー横浜
横浜市中区新港一丁目1番2号 横浜赤レンガ倉庫2号館3F
TEL.045-226-1919
下のモーションブルーのリンクからチケット購入可能です。
11月30日モーションブルー横浜チケット購入リンク

料金/5,800円 (自由席)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



2012年12月1日 (土) 京都公演

会場/都雅都雅 (togatoga)

kyotoss2012.jpg
Takanori Niida's photo by Kyoko Yamashita
Will Lee and live photos by Sandrine Lee

THE TAKANORI NIIDA QUARTET feat.
Will Lee, Tomo Fujita, and Takashi Yofu
JAPAN TOUR 2012


メンバー:
新井田孝則 (Drums)
ウィル・リー (Bass)
トモ藤田 (Guitar)
養父貴 (Guitar)

日時/2012年12月1日(土)
OEPN 18:00 START 19:00

会場/都雅都雅 (togatoga)
京都市下京区寺町通四条下ル貞安前之町639 火除神社B1F
TEL.075-361-6900

料金/前売6,000円 当日7,000円 (飲食代金別途要)

{チケット取り扱い}
都雅都雅
ローソンチケット (Lコード/58391)
チケットぴあ  (Pコード/177-048)
イープラス

都雅都雅チケット購入方法は都雅都雅HP
ライブ当日は整理番号順入場となります
整理番号は都雅都雅チケット→ローソン→ぴあ→イープラス
の順に割り当てられます

ーーーーーーーーーーーーーーーー

僕の地元札幌公演は連日主催のFMノースウェーブで
宣伝がかかっているそうです。僕は一度も聴けていませんがww。
ニューヨークにいるので聴けないです(笑)。
あと頻繁に下の写真の様に北海道新聞にも広告、一回記事も
載りましたし、現在発売中のO.TONE (Vol.48) にも大きな広告と
僕のインタビューが載っているとの事です。
もう直ぐ夕方のニュースの特番でって話も聞いています。
doshin3s.jpg

doshin1.jpg

doshin2.jpg

PB122656.jpg

otonead.jpg

otoneinter1.jpg


この日本ツアーでは僕、トモさんのオリジナル中心に
ロックのカバー曲も織り交ぜて全員フィーチャー(全員がリーダー的な存在)で、
更に全公演ライブ後半は札幌からCozy Matsuura(t&b.sax)、
Shugo Kawai(tb)、Ono Shuji(a.sax)+Masato Jaike(a.sax、札幌のみ)も参戦し、
Tower of Power、24丁目バンド等、その辺の曲も織り交ぜて
全編ファンキーに行く予定です!!。2年前の公演以上に、
メンバー全員更に弾けたステージにしようと思っています!!
もう一度、是非見に来て下さい!!



ここからは、おまけ画像です(笑)。
下の写真、11月29日のZepp札幌公演で何かに使われます(笑)。
その辺もお楽しみに!!ww
otakearaidas.jpg


非常に怪しい写真ですが、先日撮ったものです。
左からオズ・ノイ、トモさん、僕ですww。
10412.jpg


facebookで載せたら大反響だった僕のいつも食前に食べている野菜類。
実は健康的なんです(笑)。
kenkou.jpg


ニューヨークのジャパレスの老舗中の老舗、さっぽろに10年以上振りに行ってきました。
美味しいです!!これで麺が森住、西山、小林、一柳製麺等の、いわゆる
札幌ラーメンの王道の麺だったら、完璧過ぎるかも!!ww
sany.jpg

2012年2月、北海道の予定

前回の続きです。
今回は来年1月後半の京都、名古屋、東京の次、
2月の北海道の予定です。北海道では主に2つバンドで
ライブを行いますが、どちらも超~~~~~お薦めです!!

ーーーーーーーー
まずは、MISIA等のバックでの活動でも知られ日本を代表する
ギタリストの1人、鈴木健治さんの初の北海道ツアーをサポートします。
鈴木さんといえばソロアルバム、Gray Worldを発売したばかりで、
ギターマガジン12月号 (11月11日発売日) でも鈴木さんの特集ありますね!

suzuki_ps.jpg


鈴木健治 "Sing on the Guitar" in 北海道
feat. 新井田孝則(drums)、安斉亨(Keys.)、熊谷望(bass)


メンバー:
鈴木健治 (Guitar)
安斉亨 (Keys.)
熊谷望 (Bass)
新井田孝則 (Drums)

札幌公演
会場 : くう
日時 : 2012年2月3日 金曜日
開場:7:30PM 開演 : 8:00PM
住所 : 北海道札幌市中央区南1条西20丁目 LOGビルB1
TEL : 011-616-7713
http://sapporo-coo.com/
料金 : 予約3000円 (当日3500円) 別途飲物代500円必要


帯広公演
会場 : 札内 ROCK HOUSE
日時 : 2012年2月4日 土曜日
開場:6:30PM 開演 : 7:00PM
住所 : 北海道中川郡幕別町札内中央町528
TEL : 事務局 (菅野) 090-8709-4456
http://www.rock-house.info/top
料金:予約3500円 (当日4000円)

札幌公演くうのご予約は電話、メールで、
帯広公演ROCK HOUSEのご予約は
ROCK HOUSEのウェブサイトからお願い致します。

ロック色の濃いライブになると思います。お楽しみに!!
鈴木さんのソロアルバム、Gray Worldも会場でもちろん販売致します。
サイン付きも、可能だと思います!!

ーーーーーーーー
そして次の週の金曜日、2月10日は
Natsukiさん率いる札幌を代表する素晴らしいゴスペルクワイア、
Bright Sapporoとのコラボレーションライブを行います。
またギタリストには、現在渡辺貞夫さん(sax)、伊東たけしさん(sax)等、
日本を代表するアーティストのバックでも活動する養父貴が参戦!!
雪祭り期間中の金曜日、お時間作って是非是非観に来て下さい!!
僕からも、このライブは超お薦めです!!
雪祭りも兼ねて道外、道内含めて泊まりで観に来て頂ける方は、
まだホテルもギリギリですが間に合いますよ。

natsuki_a2.jpg


Bright Sapporo Presents
Natsuki Valentine Live 2012
feat. Takanori Niida from New York & Takashi Yofu from Tokyo


出演:Natsuki、Bright Sapporo Gospel Choir

ボーカルショーケース (石橋典子、岡崎将彦、笹部昭、岸田成博、成田温子)

Band: 新井田孝則(d)、養父貴(g)、安斉亨(p)、熊谷望(b)

会場:KRAPS HALL
札幌市中央区南4条西6丁目5番 タイムズステーション札幌1F

OPEN 6:00 START 6:30

料金:3500円 別途飲物代500円必要
チケットは2011年12月25日 日曜日から四プラ、大丸、
道新プレイガイド、ブライトサッポロで販売。
(問い合わせ) ブライトサッポロ:011-241-0345

ーーーーーーーー

ライブ以外の予定では、鈴木さんの帯広公演の次の日、
2月5日日曜日ですが、帯広でドラムレッスン、
またドラム以外の方にはグルーヴレッスンを行います。
受講希望の方は僕まで直接ご連絡下さい。

またいつも通りですが、札幌滞在中はお互い時間が合えば
基本的にいつでもレッスンOKです。

まだ内容は確定ではないですが、2月17~18日(金土)辺りには
再び北見に行って、本格的なジャムセション、またレッスンも
行う運びになると思います。この辺、詳細が分かり次第
またお知らせ致します。

帯広、北見へも行きます

タイトル通りですが、先に北見情報を。
北見でのレッスンは今月28日金曜日です。
既に定員いっぱいですが、1人(1時間)だけなら
調整出来るかもしれませんので、
受講希望の方は直接僕にご連絡下さい。
アドレスは、
music@takanoriniida.com
です。

帯広は23日日曜日です。
こちらはあと1~2人受講出来る余裕がありますので、
受講希望の方は直接僕にご連絡下さい。

あと、日取りは決まっていませんが、
グルーヴセミナーも少人数制で何回か行う予定でいます。
こちらはどの楽器の方でも参加OKです。
音楽を演奏する上で大切な部分はたくさんありますが、
その中での特に重要なグルーヴ、フィールに関してのセミナーです。
この部分は、僕がこちらで学んで、そして活動して一番重要と感じた
部分、いまでも一番大切な部分と思っているポイントでして、
ここを色々な参考音楽を聴きながら、そして僕の経験から解説、デモ演による
フィールのある音と無い音の違い、Q&A等のセミナーになります。
この参加費はその開く場所にもよりますが、2000円を考えています。
受講希望の方はご連絡下さい。


今回は父親の四十九日、納骨、それに関わる関連行事がメインの
一時帰国ですので北海道のみになりますが、
来年1月後半はまだ場所等の詳細は言えませんけども
京都でのジャムセッション、
名古屋でドラムセミナー&ジャムセッション、
東京でのドラムセミナー、これらは既にブッキング完了しています。
また関西方面でのドラムセミナー、今まで行った事のない場所
2ヵ所位でもセミナーをする予定で現在計画中です。

またその後も、ウィルとの日本ツアー、
また最近ヤネックとも話している最中ですが、
ヤネックと一緒の日本ツアーも視野に入れて計画中ですので、
この辺はまだ先の話になりますが実現出来る様に頑張りますので、
楽しみに待っていて下さい。

ヤネック、出来れば雪の多い冬が良いってリクエストしてきています。
冬は飛行機が飛ばない可能性もあるのですが、その辺の事、
多分知らないんでしょうね(笑)。
まあ、なるべくリクエストに沿って実現出来ればと思っています。

今回は北海道限定になりますが、
もう直ぐしたらまた日本でお会いしましょう!!

ご報告

既にご存知の方も多いかと思いますが、8月25日から札幌の実家にいて
9月9日にニューヨークの自宅へ戻ってきました。

この5~6月の僕の一時帰国後しばらくして親父が精密検査を受けたところ
両肺に癌が見つかりましたが、手術して切除可能との事だったので
片方づつある程度の期間をあけて手術し、手術は両肺ともリンパにもどこにも
転移もなく無事に成功しました。しかし高齢、かつて愛煙家ということもあって
術後がかんばしくなく、そうこうしている内に肺炎にかかってしまい、
どの方向に向かうか全く予断を許さない状況に陥ってしまったので、
僕も緊急一時帰国していた次第なんです。

成田に着いて直ぐに母親に電話したところ、レントゲンで真っ白に
写っていた肺も奇跡的に黒く写る様になるまで回復し良くなってきているとの事で
僕も26日から見舞いに行くと、親父の身体には色々と付いているので話す事は
出来ませんでしたが、僕の話す事にしっかりとうなずいてくれたりもしていました。
がしかし、29日月曜日の午前中に母親と見舞いに行き、自宅へ戻り
昼食を済ませたところ、病院から直ぐに来て下さいと連絡が入り、
母親、二男夫婦、僕に見守られる中、午後2時31分、静かに息を引き取りました。

僕が今こうやってドラマーでいられるのは、一にも二にも親父のお陰です。
断言出来ます。感謝しても、感謝しきれない位です。

今となってはもう遅いですが、親父が生きている間にもっと感謝の気持ちを
伝えたり、もっともっと親孝行しておけばよかったと思い悔いが残ります。
親父も病気を直ぐに直して家に戻り仕事も現役復帰する気だったって
聞いていましたし、まだまだ僕に話したい事もあったと思うんです。

僕は2007年辺りから日本ツアーを徐々に始める様になりましたが、
親父はどの公演にも必ず足を運んで観に来てくれていました。
一際去年の暮れのウィル・リーとの日本ツアー、札幌公演では
2階席から今まで以上ににこにこして嬉しそうに観ていたのを覚えています。
出来ればもう一度、ウィルとの一緒の日本での公演を見せてあげたかったのが
本音です。またもう少し回復して元気になれば、またウィルと一緒に
来るからという言葉で元気づける事が出来るかなって思っていましたが、
それも今となってはかけられない言葉になってしまいました。

僕の友人、小、中、高校時代の同級生、いつもお世話になっているたくさんの方々にも
お通夜、告別式に参列して頂き、またたくさんの弔電も送って頂き、
本当に有り難うございました。

これからは今まで以上に家族全員で協力し合い母親をサポートして、
また僕自身も今まで以上に頑張って行きたいと思いますので
みなさま、これからもよろしくお願い致します。
プロフィール

新井田孝則

Author:新井田孝則
ニューヨークをベースに活動するドラマーです。レコーディングに参加したTSOのアルバムが100万枚以上の売り上げを達成し日本人ドラマー初のRIAA、全米レコード協会ゴールド&プラチナディスク受賞ドラマーにもなりました。自身のアルバムではメジャーレーベルから、ウィル・リー、オズ・ノイ、ジェームス・ジーナス、ヤネック・グウィズダラ、トモ藤田等が参加したLife in the Big City、Brand New Way To Goを2006年、2010年にリリ−ス。2007年から定期的に行なう日本ツアーではオズ・ノイのプロモーションツアーに同行し来日したのを皮切りに、代表的なところでは2008年にはトモ藤田、ヤネック・グウィズダラとNew York Power Trioを結成し、日本全国5都市を回る自己のバンドでの初の日本ツアーを。2010年にはウィル・リー、トモ藤田、養父貴と共にBRAND NEW WAY TO GO発売記念日本ツアーを。2012年にも同メンバーと日本ツアーを行ない、Zepp札幌公演、モーションブルー横浜公演(Youtube動画有り)を含めた全公演を大盛況の内に終える事が出来ました。また後進の指導にも力を入れておりニューヨークの自身のスタジオで、日本への一時帰国時各地でのレッスンも常時行なっています(ブログ内スケジュール参照)。また日本、世界中どこに住んでいても受講可能なドラム通信レッスンも行っています。

ライブ、ツアー、レコーディング、レッスン等のお問い合わせは下記のアドレスまでご連絡下さい。

music@takanoriniida.com

現在お気に入りの僕自身が叩いている動画を4つご紹介。クリックして是非ご覧下さい。

2012年のウィル、トモさん、貴との日本ツアーからの映像です。
Just Funky / Live at the Motion Blue Yokohama 11/30/2012 Takanori Niida (d), Will Lee (b), Tomo Fujita (g) Takashi Yofu (g)
https://www.youtube.com/watch?v=GBKjwzW6waE

Live at the Bitter End in NYC / The Takanori Niida Quartet feat. Will Lee (b), Oz Noy (g), Tomo Fujita (g)
http://www.youtube.com/watch?v=m_omgkkD6Mg

iPhone6sで試し撮りしたニューヨークの自分のスタジオでのドラムソロ最新映像(2016年5月3日公開)です。レコーディング帰りでシンバルも全部セットしてません。。笑。是非ご覧下さい。Takanori Niida (新井田孝則) Drum Solos Vol.2
https://www.youtube.com/watch?v=JmM_aIt5YjA

ニューヨークの僕のスタジオでのBPM160 / 32分音符のシングルストロークロールを含んだソロから始まり、ウィル&トモさん&貴との僕のバンドのライブからのソロ(この一番上のリンク動画からです)、Fire Attack、そして2015年10~11月に行った今堀君のレコ発ツアーから最新ソロを交えた、トータル8つからなるドラムソロ動画特集が出来上がりました。是非ご覧下さい。Takanori Niida (新井田孝則) Drum Solos Vol.1
https://www.youtube.com/watch?v=lnFfygz2q4I

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR