スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南へショートツアー

皆さん、お久しぶりです。こちらで父の日の週末を挟んで、
ニューヨークから見て南の方へサポートでショートツアーへ出ていました。
その辺を中心に、またたくさんの写真中心に書いてみたいと思います。

あと日本の皆さんへは、次の一時帰国の予定も次辺りのブログで
全容をお知らせ出来ると思います。次は10~11月です。7~8割型
ブッキング完了している状況です。

またその次の一時帰国の予定も既に視野に入れて今調整中です。お楽しみに!!


ーーーーーーーー


さて、ここからサポートでのショートツアーの模様を。
まずはここ最近御用達のEuphoria Studiosでリハーサル。
これ、自撮りですが、手を回し込んで通常のレンズの方で
撮っています。適当にクリックしてピントを合わせてから
撮る技も身に付けました!!(笑)。
Fdayリハ



父の日の週末にかけて行われた今回の会場。
Fdayステージ



更に自分入りで(笑)。照明の関係で凄い顔になってしまっていますが、、(笑)。
この写真も、通常レンズの方で撮っています。
Fday照明



こんなのも、、、笑笑笑
黄色



遠征中は自由時間もたっぷりあるので、近くの海岸まで行ってみました。
全く似合わないですね、、(笑)。ホテルのシャンプー&コンディショナーの
せいで髪はバッサバサ&チリッチリ、おまけに砂が凄くきめ細かくサラッサラで
靴に簡単に入り込んでくるんです、、(笑)。おまけに30度超えの暑いと来た
もんです。写真を上と同じ方法で撮って、直ぐに撤収しました!!(笑)。
Fday海岸



海岸は遊泳地域になっていますが、至るところにアルコール禁止の札が。
でも上を見ると飛行機を使ってビールの広告が、、(笑)。
Fday空広告



ここのホールは幾つかある楽屋の中心にラウンジがあります。そこで寛いで
上を向くと今までここで演奏して来た方々の写真が。アレサフランクリンも
あるし、パティーラベル、ダイアナロス等々、僕の好きなアーティストも
たくさん演奏しているところでした!!
Fday楽屋



公演は全て超絶に盛り上がって(笑)無事に終了しました!!
写真は1階席の一番奥から。
Fday会場1



自分を入れないと、綺麗に写ります、、(笑)。
Fday会場2


ーーーーーーーー


ここから、前回に引き続き自分の作ったインド料理の数々を、、(笑)。
今回は大体2品が中心のミニターリーですね。4回作ってるので、
1週間に1回は作っていた計算になります(笑)。ちなみにどれも
チキンカレー+1品です。このところ目指している究極のチキンカレーは
自分の中で90点位は行っているのですが(笑)、少しずつ改良を加えても
そんなに変わらないので、次回からベースをがらっと変えようと思っています(笑)。

ミニターリーその1。
チキンカレーとマタパニール(インドのチーズとグリーンピースのカレー)。
それにライタも作ってみました!!マタパニール、簡単な割に最高です!!(笑)。
ミニターリー1



ミニターリーその2。
チキンカレーと安定のオクラのサブジ。チキンカレーはホールカルダモン
多めの名付けてカルダモンチキンカレー!!(笑)。
ミニターリー2



ミニターリーその3。
カルダモンチキンカレーと安定のダル。インド街でシークカバブとサモサを
購入して付け合わせ!!(笑)。
ミニターリー3



ミニターリーその4。
カルダモンチキンカレーとダイコンのタルカリ。ダイコンのタルカリは
簡単に出来る上に最高に美味しいです!!(笑)。
ミニターリー4
スポンサーサイト
プロフィール

新井田孝則

Author:新井田孝則
ニューヨークをベースに活動するドラマーです。レコーディングに参加したTSOのアルバムが100万枚以上の売り上げを達成し日本人ドラマー初のRIAA、全米レコード協会ゴールド&プラチナディスク受賞ドラマーにもなりました。自身のアルバムではメジャーレーベルから、ウィル・リー、オズ・ノイ、ジェームス・ジーナス、ヤネック・グウィズダラ、トモ藤田等が参加したLife in the Big City、Brand New Way To Goを2006年、2010年にリリ−ス。2007年から定期的に行なう日本ツアーではオズ・ノイのプロモーションツアーに同行し来日したのを皮切りに、代表的なところでは2008年にはトモ藤田、ヤネック・グウィズダラとNew York Power Trioを結成し、日本全国5都市を回る自己のバンドでの初の日本ツアーを。2010年にはウィル・リー、トモ藤田、養父貴と共にBRAND NEW WAY TO GO発売記念日本ツアーを。2012年にも同メンバーと日本ツアーを行ない、Zepp札幌公演、モーションブルー横浜公演(Youtube動画有り)を含めた全公演を大盛況の内に終える事が出来ました。また後進の指導にも力を入れておりニューヨークの自身のスタジオで、日本への一時帰国時各地でのレッスンも常時行なっています(ブログ内スケジュール参照)。また日本、世界中どこに住んでいても受講可能なドラム通信レッスンも行っています。

ライブ、ツアー、レコーディング、レッスン等のお問い合わせは下記のアドレスまでご連絡下さい。

music@takanoriniida.com

現在お気に入りの僕自身が叩いている動画を4つご紹介。クリックして是非ご覧下さい。

2012年のウィル、トモさん、貴との日本ツアーからの映像です。
Just Funky / Live at the Motion Blue Yokohama 11/30/2012 Takanori Niida (d), Will Lee (b), Tomo Fujita (g) Takashi Yofu (g)
https://www.youtube.com/watch?v=GBKjwzW6waE

Live at the Bitter End in NYC / The Takanori Niida Quartet feat. Will Lee (b), Oz Noy (g), Tomo Fujita (g)
http://www.youtube.com/watch?v=m_omgkkD6Mg

iPhone6sで試し撮りしたニューヨークの自分のスタジオでのドラムソロ最新映像(2016年5月3日公開)です。レコーディング帰りでシンバルも全部セットしてません。。笑。是非ご覧下さい。Takanori Niida (新井田孝則) Drum Solos Vol.2
https://www.youtube.com/watch?v=JmM_aIt5YjA

ニューヨークの僕のスタジオでのBPM160 / 32分音符のシングルストロークロールを含んだソロから始まり、ウィル&トモさん&貴との僕のバンドのライブからのソロ(この一番上のリンク動画からです)、Fire Attack、そして2015年10~11月に行った今堀君のレコ発ツアーから最新ソロを交えた、トータル8つからなるドラムソロ動画特集が出来上がりました。是非ご覧下さい。Takanori Niida (新井田孝則) Drum Solos Vol.1
https://www.youtube.com/watch?v=lnFfygz2q4I

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。